上司との関係に使えるPM理論

職場の上司との関係にストレスを感じているあなたにオススメの心理学がPM理論です。PM理論は、上司の特徴を4つのタイプに分けて考えるリーダーシップ行動論の一つです。

 

 

PM理論で上司のタイプがわかる

 

学校を卒業し、就職活動を経て社会人になると、職場の人とうまく付き合っていかねばなりません。その人間関係の一つに、職場の上司との関係があります。

 

職場の上司と上手く付き合っていくことの重要性は、社会人であれば身に染みると思います。職場の上司との人間関係次第で働きやすくもなり、ストレスの大きな原因の一つにもなり得ます。

 

上司に必要なリーダーシップについて、社会心理学者の三隅二不二(みすみじふじ)氏は、PM理論で、リーダーのあり方を説明しています。

 

PM理論とは

 

PM理論は、P機能とM機能とのバランスから、リーダーシップを分類する理論です。

 

  • P機能(パフォーマンス・ファクション)⇒目標達成のため部下に働きかけること
  • M機能(メンテナンス・ファクション)⇒集団の存続のために部下に配慮すること

 

結果を出すため部下に叱咤激励するP機能とチームの和や人間関係に重きを置くM機能、そのバランスでリーダーシップのあり方が決まります。

 

4つの上司タイプ

 

P機能(パフォーマンス・ファクション)とM機能(メンテナンス・ファクション)の強弱で上司のタイプを4つに分けることができます。大文字はその機能が強いこと、小文字は弱いことを示しています。

 

PM型上司

 

PM型上司は、理想の上司タイプです。P機能の目標達成能力、M機能の集団維持能力が両方とも高く、成果を上げることもでき、集団もまとめあげられることができる理想的なリーダーシップを発揮する上司です。

 

PM型の理想的な上司

Pm型上司

 

Pm型上司は、仕事人間タイプの上司です。目標達成能力であるP機能は高いのですが、M機能である集団維持への配慮は低いです。成果はあげるが人望がなく集団をまとめる力は弱い上司のタイプです。

 

Pm型の仕事人間タイプな上司

pM型上司

 

pM型上司は、平和主義タイプの上司です。集団の維持・強化であるM機能を優先しますが、目標達成はおろそかです。Pm型上司とは逆のタイプで、人望はあるが、成果を上げる力が弱いタイプの上司です。

 

pM型の平和主義タイプな上司

pm型上司

 

pm型上司は、遊び人タイプの上司です。P機能である目標達成能力、M機能である集団維持能力ともに低いです。成果を上げる力も集団をまとめる力も弱いです。

 

pm型の遊び人タイプな上司

 

上司のタイプ別関係攻略法

 

PM理論で上司のタイプがわかれば、あとは上司のタイプに対応を合わせるだけで、職場での働きやすさやストレスも改善することができます。

 

PM型の上司との関係攻略法

 

成果も人望も重視するタイプの理想的な上司には、素直で誠実な仕事ぶりをアピールしていきましょう。そうすることで、自然とあなたの評価を上げることができます。

 

Pm型の上司との関係攻略法

 

仕事人間タイプの上司ですから、仕事の成果をあげながら接していかないと評価をしてもらえません。ミスをした場合でも、謝ってばかりではなく、同じミスを繰り返さないということで評価をしてもらえます。

 

pM型の上司との関係攻略法

 

pM型上司は平和主義で部下のやりがいや心情を重視するタイプなので、上司の意見には賛同しておくことがオススメ。仕事も積極的に教わる姿勢を見せると高評価です。

 

pm型の上司との関係攻略法

 

pm型の上司は遊び人タイプで、自分が上司をという自覚がありません。やる気が基本的にないので、相手にしないほうがよいですが、どうしても関係を構築したいのであれば、周囲と協力しながら複数人で接していきましょう。

 

状況即応モデルフィードラー理論

 

三隅氏のほかにも、リーダーシップ論について提唱した心理学者もいます。その1人にフィードラーというアメリカのリーダーシップ研究者がいます。

 

フィードラーは上司の基本タイプを2つのタイプに分けています。

 

  • 仕事中心型上司
  • 人間中心型上司

 

さらに3つの要素を重視しています。

 

  • 上司と部下の信頼関係
  • タスク構造
  • 上司の権限の強さ

 

これらの要素の強弱に応じて、求められる上司のタイプが変わるとする状況即応モデルを提唱しました。チームの状況に応じて行動を変えることが良いリーダーという考え方です。

TOPへ