好意の返報性【返報性の原理】恋愛やビジネスでは逆効果!?

好意の返報性は、相手から好意を受け取ったときに、同じ程度の好意を返したくなるという心理で、心理学では返報性の原理、返報性の法則ともいいます。

 

ただ、返報性の原理は使い方を間違えてしまうと、逆効果になってしまうこともあります。特に恋愛やビジネスでは注意が必要なんです。

 

好意の返報性とは

 

好意を受けると、好意を返したくなる心理【好意の返報性】。人間の心は、相手から好意を受けると、同じだけの好意を返したくなることがわかっています。

 

あなたに好きな人や気になる人がいる場合、好意を上手に伝えることができれば、相手もあなたに好意を持ってくれる可能性が高くなります。

 

好意の返報性は、恋愛やビジネスのシーンでもテクニックとしてたくさん応用されていますので、知っておいて損はありません。

 

好意だけではない敵意も返したくなる返報性の原理

 

一般的には好意の返報性が有名ですが、返報性の原理は、何も好意だけに限ったことではありません。

 

返報性の原理は「相手から受け取った何かを返したくなる」という心理なので、もし相手に敵意を向けると、相手もあなたに敵意を返したくなります。

 

相手に怒りや妬みなどのような悪い感情を返したくなる心理を「敵意の返報性」といいます。返報性の原理は、人間の言動すべてに作用する心理です。

 

例えば、あなたが相手に譲る姿勢を見せると、相手も同じように譲ってくることを「譲歩の返報性」、あなたが自己開示したときに、相手も安心して自己開示してくる心理を「自己開示の返報性」といいます。

 

好意の返報性の応用例【恋愛編】

 

好意の返報性は人間関係のすべてに影響します。もちろん恋愛も例外ではありません。ただ間違った伝え方をしてしまうと逆効果になります。

 

男性への好意を上手に伝える方法

 

男性に効果的な好意は、長所を褒めたり、何かやってくれたりしたことに対しての感謝が効果的。男性の得意分野での結果を「すご〜い」「さすが」と褒めると喜びます。

 

また、男性は、軽く目の見開いた女性に対して、魅力を感じる傾向にあることが、心理学の実験でわかっています。パチクリした目でアイコンタクトをするのも効果的です。

 

女性への好意を上手に伝える方法

 

女性にも褒めたり、感謝することは効果的。ただ、容姿やスタイルなど、パッと見てわかるようなところではなく、注意深く観察しなければ気づかない細かいところが効果的。

 

例えば、ネイルやちょっとした髪型の変化など。また、洋服や持ち物を褒められると、もちろん喜びますが、それを選んだセンスを褒めることのほうが効果的です。

 

男性との大きな違いは、男性は結果を評価されることを喜ぶのに対して、女性は努力してきたプロセスを理解してあげるほうが喜びます。

 

好意の返報性の応用例【ビジネス編】

 

好意の返報性は、ビジネスシーンでも積極的に活用されており、無料キャンペーンなど、今や珍しいものではないビジネスモデルもあります。

 

試食

 

スーパーやデパートの食品売り場では日常的な光景である試食。試食してしまうと、タダで食べさせてもらったので、試食した商品でなくても、何か買わなければという気持ちにさせられる。

 

ホワイトデー

 

バレンタインデーが定着した後に、チョコレートのお返しの日としてホワイトデーが誕生したのも、好意の返報性を応用した製菓業界のマーケティングです。

 

親切で丁寧な接客

 

サービス業界の親切で丁寧な接客は、商品購入を決断させるだけでなく、「またこのお店で買いたい」と思わせるリピーター確保にもなります。

 

返事が早い

 

何かを依頼されたときの返事が早いと、あなたの仕事や人格の評価が高くなります。メールの返信も早いと、ビジネスではかなり効果的です。

 

何かを手伝う

 

あなたの仕事以外で、相手の仕事を手伝ったり、サポートすると好感度が上がる。また、店員に服選びや試着を手伝ってもらうと、購入したくなる。

 

無料

 

全額返金保証や返品無料、送料無料など、企業がリスクを負担する分、購入のハードルが低くなります。

 

逆効果になる好意とは?

 

好意の返報性は、下心がわかるような言動になってしまうと、人によっては逆効果になってしまう場合があります。

 

例えば、あからさまに買って欲しいとわかってしまう過度な接客や「かわいい」「かっこいい」「好き」「付き合って欲しい」という、見返りを求める好意は逆効果です。

 

また、唐突に高すぎるプレゼントや高価な食事をおごっても、困惑させたり、下心があるのでは?と、好意を素直に受け取ってもらえない場合があります。

 

さらに、あなたへの好意が低く、嫌われている状態や、格下に見下されている状態で好意を示しても、気持ち悪がられたり、媚びていると思われ逆効果になります。

 

しつこい企業のダイレクトメールや、まだ好意がない相手からのたいした用事じゃないLINEなども、タイミングが悪いと逆効果となり、好意を下げてしまうことがあります。

 

好意の返報性は、小さな好意を一つ一つ積み重ねていき、信頼性が高まった状態で効果を発揮しやすく、親密になりやすいのです。

 

影響力の武器

 

アメリカの社会心理学者にして、マーケティングの専門家であるチャルディーニは「影響力の武器」という著書の中で、人を動かすための6つの心理学的原理を提唱しています。

 

その中の一つが返報性なのですが、他にも希少性、権威、コミットメントと一貫性、好意、社会的証明を提唱し、どれも恋愛やビジネスの世界で、重要なアプローチとして応用されています。

TOPへ