初デートや商談には食事が最強!心理学ランチョンテクニック

初デートや商談をうまく成功させたいあなたに超オススメの心理学【ランチョンテクニック】について解説していきます。

 

 

ランチョンテクニックとは

 

ランチョンテクニックとは、食事をしながら交渉すると、承諾率が高まるという、アメリカの心理学者グレゴリー・ラズランが提唱した心理学的にも実証されたテクニックのことです。

 

日常で活用されているランチョンテクニック

 

食事による幸せな気持ちが、相手のポイジティブな反応を引き出すという単純なテクニックなので、いろいろなシーンで活用されています。

 

政治でのランチョンテクニック

誰にも話を聞かれたくない密会を行う時に、料亭が選ばれるのは、秘匿性の高さだけでなく、ランチョンテクニックの効果も狙っています。

 

外交でのランチョンテクニック

 

来賓のおもてなしに、晩餐会は定番。アメリカの大統領が、よく別荘へディナーに招待していたり、日本でも料亭へ招待したり、宮中晩餐会などもあり、来賓と打ち解けようとしています。

 

ビジネスでのランチョンテクニック

 

飲食店での接待などはランチョンテクニックの代表例。食事によって顧客と打ち解け合い、接待で決まる商談も多いです。

 

恋愛でのランチョンテクニック

 

デートで食事にいくのもオススメ。話題になっているレストランで美味しい食事を一緒に楽しめると、相手への好意は間違いなく高まります。

 

初デートや商談にはランチョンテクニックがなぜ効果的なのか?

 

ランチョンテクニックを使うと、相手の好意レベルが上がり、承諾率も高めることができます。でもなぜ、誰かと一緒に食事をすると、相手との親近感が高まるのでしょうか?

 

批判力の低下

 

人間の食事をするという行為は、生命維持に関わることなので、批判するという行為よりも優先順位が高いです。

 

批判するという行為は、少なからずストレスがあり、特に食事中では、なおさら負担のある行為です。

 

相手を批判することより、食事に集中するほうが満足度が高いのです。

 

商談というのは、相手から批判されそうな内容を一つ一つクリアしていかねば成立しません。

 

ランチョンテクニックを使えば、そもそも相手を批判的になりにくい状態にすることができるのです。

 

連合の原理で好意を感じやすくなる

 

連合の原理とは、関係ないように見えて、関係のあるもののように錯覚してしまう心理作用のことです。

 

食事中というのは楽しい雰囲気になることが多いです。これは美味しい食事をすることで、人間の脳内に幸せホルモンと呼ばれているセロトニンが分泌されるためです。

 

ですから、【食事=楽しく幸せな気持ち】という連合の原理が働きやすい状態になるのです。逆に【雨の日=なんだか憂鬱】というのも連合の原理が働いています。

 

雰囲気の良い状態ですから、相手からポイジティブな反応を引き出したり、肯定的な態度になりやすく、相手を好意的に感じやすくなるのです。

 

ランチョンテクニックは次のデートに誘うときが最も効果的

 

ランチョンテクニックは肯定的な反応を引き出しやすいので、次のデートに誘いたいときは食事中がもっともOKをもらいやすいタイミングです。

 

食事中は連合の原理も働きますので、「美味しいものを食べて気分がいい」⇒「この人の話は共感できる」⇒「この人には好感がもてる」と錯覚しやすいのです。

 

ですから、食事中は相手の話に共感しやすく、頼まれたことにもOKを出しやすくします。次のデートの約束をするにはピッタリなタイミングです。

 

次のデートへ誘うタイミングまでに、相手の好きな食べ物や気になっているお店、趣味などを聞いておけば「次のデートでそこへ行こう」と、よりスマートに自然に誘うことができます。

 

心理的リアクタンスとブーメラン効果

 

「デートに誘う」「交渉する」という行為は、少なからずとも、相手の行動や自由を制限することに繋がることになります。ですから、あなたの要求に対しての説得が必要な場合があります。

 

説得というのは、とても難しいものです。特に相手の自由を制限することに関しては、心理的リアクタンスが働き、ブーメラン効果によって説得されればされるほど、相手は反発します。

 

例えば、宿題しなきゃと思っていたタイミングで「早く宿題しなさい」と言われると、「今からやろうと思っていたのに、やる気なくなった・・・」とか経験ありませんか?

 

人は説得されればされるほど批判したくなる生き物です。誰かを批判したくなる理由は、自分の正しさや価値観を主張したい、認めてもらいたいという承認欲求、自己の重要感を高めたいなど様々。

 

「やりなさい」と言われれば言われるほどやりたくなくなる心理が働いてしまいます。人間は自由を制限されると、取り戻そうとする性質があり、心理学で心理的リアクタンスといいます。

 

また、相手を一生懸命に説得すればするほど、反発されてしまい逆効果になってしまうことを心理学ではブーメラン効果といいます。

 

この心理的リアクタンスとブーメラン効果を未然に防ぎやすいのが、ランチョンテクニックなのです。

 

ランチョンテクニックの実験

 

ランチョンテクニックを提唱したグレゴリー・ラズランのある実験をご紹介しておきます。

 

その実験とは以前に被験者が評価を下した、過去の政治的意見をもう一度見せてみて、被験者が、どの政治的意見に好意的になったか?を調べる実験です。

 

その実験で被験者が好意的に感じた意見には、ある共通点がありました。被験者が好意的に感じた意見は、実は食事中に提示されたものだったのです。

 

この実験結果から、食事中は特定の対象に好意を抱くということがわかります。政治家がよく料亭で話し合うのも、ランチョンテクニックを上手に活用しているといえますね。

TOPへ