日常生活で使われている心理学

心理学は大学で研究されるような学問であると同時に、あなたの日常に密接な関りを持っています。人の心の仕組みを知ることができれば、あなたの日常生活に役立てることができます。

 

もし、あなた自身の心を上手にコントロールできて、あらゆる出来事に対処することができて、さらに相手の心にうまくアプローチをすることができれば、どうでしょうか?とても楽になると思いませんか?

 

心理学を上手に活かすことができれば、ストレスフルな現代社会で楽に生きていくことが可能になります。心理学は、仕事や恋愛、人間関係に大きく役立つ学問です。

 

実際、心理学は企業のマーケティングやデザイン、職場や病院でのカウンセリングなど、日常生活のいろいろな分野で役立てられているのです。

 

 

日常生活で活用されている心理学

 

心理学によって導き出された理論や法則は、あなたの日常生活のいろいろな分野で活用されているんですよ!

 

チラシなどのデザインで使われている心理学

デザインで使われている心理学

 

チラシやPOP、WEBページなどのデザインで使われている視線誘導の法則です。

  • Zの法則
  • 近接の法則
  • Fの法則

 

コンビニやスーパーの商品陳列に使われている心理学

 

レジ前に商品を置いたりするのも心理学を活用しています。満たされた買い物かごを基準に商品の価値をはかるので、ついでに買ってしまいやすくしています。

 

  • 参照点依存性

 

テレビやネットの広告で使われている心理学

 

好感度の高い芸能人をイメージキャラクターにしています。芸能人の好感度が商品の好感度も引き上げてくれるのです。

 

  • ハロー効果

 

会議の進行で使われている心理学

 

何度も主張されると、前向きに検討したくなる心理です。少数派でも主張し続けると、多数派に影響を与えます。

 

  • マイノリティ・インフルエンス

 

飛び込み営業で使われている心理学

 

2度目のお願いをつい聞いてしまう心理。最初に受け入れにくいお願いをされて断ると、次の受け入れやすいお願いをついOKしてしまいます。

 

  • ドア・イン・ザ・フェイス・テクニック

 

心理カウンセリング

 

心理学と聞くと、心理カウンセリングをイメージする人も多いです。主に社会に活用されて役立っているのは、心理カウンセリングだろ?と認識されていたりもします。

 

こうした通俗的な心理学に対する理解をポピュラー心理学と呼ぶことがあります。心理テストやサイコセラピーなども該当します。臨床領域が中心となった心理学で、通俗心理学とも呼ばれています。

 

たしかに臨床心理学において、さまざまな問題を明らかにする重要な方法の一つですが、これだけが心理学の代表的な実用例ではありません。

TOPへ