心理学って何?

心理学とは何でしょう?心理学とは簡単にいえば、あなたの心の仕組みや働きを考察して、解明しようとする学問です。

 

あなたも褒められたらうれしくて喜ぶでしょう?逆に叱られると腹が立ったり、落ち込んでしまったりしてしまうものですが、タイミングやその人の価値観によっては褒められても、嬉しくない人もいます。

 

一方で叱られても笑っている人もいます。なぜ、そういうことになってしまうのか?という人間の心の仕組みに迫ろうとするのが、心理学なのです。

 

 

基礎心理学と応用心理学

 

心理学の分野はさまざまありますが、心理学の2大分野として、基礎心理学と応用心理学の2つがあります。

 

基礎心理学とは、一般的な心の仕組みや法則を解き明かすために、人それぞれのものの見方、感じ方、物事に対する反応の仕方などを研究した心理学です。

 

応用心理学とは、それら基礎心理学の理論をもとに導き出し、現実の社会に応用しようとする心理学です。

 

さらに、この基礎心理学と応用心理学から細分化されて、いろいろな分野にわかれています。

 

基礎心理学とは

 

基礎心理学とは、一般的な心の仕組みや法則を解き明かすための心理学です。基礎心理学には以下のような心理学の分野があります。

 

実験心理学

 

理論や法則を導き出すために、実証的な実験を大事にします。

 

認知心理学

 

知覚や理解など、人の高次認知機能を対象に研究します。

 

学習心理学

 

生まれついて備わっている行動ではなく、学習して身についている行動について研究します。

 

発達心理学

 

乳児期から老年期まで、加齢に伴う発達的変化について研究します。

 

応用心理学とは

 

応用心理学とは、基礎心理学をもとに導き出した理論を現実の社会に応用しようとする心理学です。応用心理学には以下のような分野があります。

 

臨床心理学

 

精神障害など、心理的問題を回復、研究することを目的とします。

 

犯罪心理学

 

犯罪がなぜ起きるのか?犯罪者の特性や環境から解明しようとします。

 

教育心理学

 

教育の観点から心理学を応用し、効果的な教育方法を探求します。

 

宗教心理学

 

宗教に関するあらゆる現象を心理学に扱って解明しようとします。

 

心理学が学問として成立したのはいつ?

 

心理学が学問として成立したのは、19世紀後半ごろといわれています。人の心を解明する試みは、紀元前からありました。心とはなんなのか?そしてどこにあるのか?

 

多くの思想家や哲学者が考えを述べていますが、世界初の実験心理学教室がドイツの心理学者ヴントにより、ドイツのライプツィヒ大学に開設されたのは1879 年のことです。

 

ドイツの心理学者ヴントが実証的な実験による心理学を提唱し、確立したのです。現代のさまざまな心理学の理論が、私たちの生活に応用されるようになったのは、ヴントのおかげなのです。

TOPへ